免停期間短縮で、20日間の免停が1日だけになる

 

 違反点数6点以上になっちゃった!

 違反者講習の対象でもない・・・。

違反者講習の話はこちら

 免許停止の処分を受けたら、最低でも30日、車の運転ができない。

 でも、実は、1日だけの免停で済むケースもある。

 では、その免停期間を短縮するためには・・・。

 免許停止処分者講習(免停講習・短縮講習)を受け、最後に筆記試験を受ける。

 この筆記試験で、50パーセント以上の正解を得ることができれば、免許停止期間が短縮される。

 ちなみに、回答成績によって、『優』は85パーセント以上の成績、『良』は70パーセント以上の成績、『可』は50パーセント以上とされ、其れによって、免停期間の短縮幅が違ってくる。

違反点数と免停期間・免許停止処分者講習を受けた場合の
免停短縮期間
の関係 
前歴の
回数
 
累積点数免許停止期間免許停止処分者講習を受けた場合の免停短縮期間など
前歴が
ない人 
6点(違反者講習の対象を除く)
・7点・8点 
30日 講習時間→ 1日で6時間
優=29日
良=25日
可=20日
前歴が
ない人  
9点・10点・11点 60日 講習時間→2日間に渡り10時間
優= 30日
良=27日
可=24日
前歴が
ない人  
12点・13点・14点 90日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 45日
良=40日
可=35日 
前歴が
1回 
4点・5点 60日 講習時間→2日間に渡り10時間
優= 30日
良=27日
可=24日 
前歴が
1回 
6点・7点 90日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 45日
良=40日
可=35日 
前歴が
1回 
8点・9点 120日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 60日
良=50日
可=40日 
前歴が
2回 
2点 90日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 45日
良=40日
可=35日 
前歴が
2回 
3点 120日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 60日
良=50日
可=40日 
前歴が
2回 
4点 150日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 70日
良=60日
可=40日  
前歴が
3回 
2点 120日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 60日
良=50日
可=40日  
前歴が
3回
3点 150日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 70日
良=60日
可=40日 
前歴が
4回以上
2点 150日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 70日
良=60日
可=40日 
前歴が
4回以上 
3点 180日 講習時間→2日間に渡り12時間
優= 80日
良=70日
可=60日 

 前歴= 免停・免許取り消しなどの処分を受けたことがあること。

 前歴の計算

1、
無違反・無処分で運転可能期間が通算して1年となったことがある場合には、その期間前の前歴
は含めない。

2、免許取消しの処分・免許の拒否の処分を受けて、その期間を無違反で経過した場合、
処分前の前歴は含めない。

 てなわけで、30日間の免停処分に該当する人で、免許停止処分者講習を受けて、試験で85%以上の成績を収めれば、免停期間は1日ですんでしまうというわけ。

 免許停止処分者講習を受けるか否かは、受講対象者の自由意志。

 『試験は苦手』という人、免許停止処分者講習の試験は、50%未満の正答率であった場合、再度受けることができる。

 2回とも、正答率が50%に満たなかった場合、残念ながら、免停期間の短縮は受けられない。

 しかし、処分暦0回の人が、免停期間短縮されるのはともかくとして・・・。

 処分暦の3回もあるひとが、免停期間を短縮されるってのは、甘いような・・・・。

 『無違反・無処分で運転可能期間が通算して1年となったことがある場合には、その期間前の前歴
は含めない。』ってことは、免停の対象になるのは、1年間の間に繰り返し違反を犯した場合ってことじゃないのかなあ。

 そんなに何回も違反行為を繰り返すってことは・・・。

 危険極まりない運転者だってことなんじゃ???

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)