公務員の失業保険はどうなっている?

 

 公務員は、失業手当をもらえない。

 公務員は、何年勤めても、失業給付はもらえない。

 職安の人に聞いたら『安定した職場だから』だそうだ(よくわからん!)

 それじゃ、 最近の公務員の人員整理による解雇はどうなのか?

 実は、公務員には、
「国家公務員退職手当法」 という法律があって、地方の公務員もこれに準じた扱いになっている。

 「国家公務員退職手当法」
によると、『公務員の退職金』=民間の『退職金』+『失業保険』の扱いになっているんだとさ。

 だから、ハローワークに行っても、失業保険の手続きは出来ない。

 当然離職票ももらえない。

 
 公務員でも「期間雇用で働いている人(期間雇用は、原則「半年」を最大として、期間の延長はできないことになっている。)」
の場合どうなるか?

 『雇用保険に加入して、退職後失業保険の対象になります。』 というのが答え。

 しかし、半年を越して継続的に雇用される場合は、「正職員」と同等の扱いを受けることが法律で決まっている 。

 期間雇用で継続的に何年もそういうところで働いている人、
退職時にもめることが多いので、要注意!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)