新しいタイプの自動車自然災害保険が誕生するらしい

 

 自動車保険では、自然災害の自動車破損などは基本的に対象にならない。

 特約を付ければ、自然災害も保障されるのだが、保険会社は『できれば、自然災害の特約は付けてほしくない』と思ってるらしく、自動車保険加入時にほとんど説明しないため、特約を付けている人はまれらしい。

 しかし、この自動車保険の自然災害特約、現在、新規加入を見合わせている状態なのだそうだ。

 理由は、簡単。

 自然災害特約を付けられると、保険会社が大損する可能性が高いから。

 で、東京海上日動は地震や噴火、津波が原因で自動車が。『津波で自動車がシートの座面を超える浸水をした』『自動車が津波で流出し発見されなかった』『自動車が全焼した』などの場合、全損と判定、一時金を支払う新特約を開発、来年1月から販売することを決めたとのこと。

 地域や契約条件に関わらず一律5000円。

 保障内容は、一時金50万円(時価が50万円を下回る場合の保険金額は同等の金額)。

 損保ジャパン、三井住友海上の2社も「同様の商品を現在準備している」とのこと。

 上限が50万というのが考え物だが、契約をシンプルにしただけ、手続きや全損の判定が容易になるメリットがあるらしい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)