所得補償保険と収入保障保険、どこがどう違う?

 

 民間で販売されている所得補償保険と収入保障保険、どこがどう違うんだろう?

所得補償保険 

 就労不能になった場合の収入の減少を補ってくれる保険。

 病気やケガで入院や通院、自宅療養を行うことで働くことができなくなった場合に、税込み年収の最大60%ほどが補償され、一定期間(通常は1年~5年、最長60歳まで)、毎月一定の金額を受け取ることができる保険。

収入保障保険

 被保険者が亡くなった場合に、遺族に対して保険適用期間終了まで毎月もしくは一時金で保険金が支給される。 

 ありゃ、同じような言葉なのに、まったく、内容が違う。

 収入保障保険って、生命保険の死亡保障と似たようなもんじゃん!

 どちらの保険も、加入するためには、医師の診断書とか健康状態の告知がいる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)