安愚楽牧場が経営危機

 

  安愚楽牧場が経営危機に陥ってるそうで。

 安愚楽牧場ってのは、和牛のオーナー制度を導入して、全国展開で牛を育てていた。

 オーナー制度自体は、『和牛のオーナーになって、生育の費用を負担してもらって、育った和牛を牧場が買い取る』という制度で、高金利を謳っていた。

 ついこの間まで、オーナー募集をしていたのに・・・。

 経営危機の原因は、宮崎県で10年に起きた口蹄(こうてい)疫問題で、管理していた約1万5000頭の牛を殺処分したことが発端らしい。

 で、その後、原発事故で、資金繰りが悪化したものらしい。

 全国に約3万人いるといわれる、和牛オーナー。

 果たして、どうなるのか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)