スワップ金利って何?

 

  FXには、スワップ金利というものがある。

 スワップ金利とは何か?

スワップ金利=取引する2国間の金利差

 たとえば、A国の金利は約4.75%-日本の金利は0.1%とします。

 この場合、A国と日本円の金利差は4.65%となります。

 この差が、スワップ金利。

 A国の通貨を買う場合、そのA国と日本円の金利差であるスワップ金利を毎日受け取る事が出来ます。

 逆に、A国の通貨を売る場合、スワップ金利を逆に支払う必要があります。

 売らないで、通貨を持っていれば、そのスワップ金利が累積されて、利益になるので、その、スワップ金利による利益は、結構な額になる場合があるのですが・・・。

 為替が買ったときと同じくらいに推移してくれれば、問題なし。

 ま、レバレッジ1倍くらいなら、元本が減ってもゼロにはならないので、ま、問題なし。

 レバレッジをたくさんかけると・・・。

 スワップ金利なんかは、あっという間に消える。

 元本も消える。

 ロスカットなどもあるので、借金背負うことはないとは思うけど・・・。

 レバレッジは、かければかけるほど、ハイリスク・ハイリターンの投資になる。

 それがFXというもの。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)