FXと外貨建てMMFを比べると、どちらがお得

 

  FXでの外貨取引でローリスクのやり方としては、レバレッジを1倍とか2倍くらいで低く抑えておくこと。

 FXの方が、外貨預金や外貨FMMよりも為替の交換手数料(スプレッド)が極端に少ない場合が多い。

 短期の外貨投資には 外貨建てMMFや外貨預金よりリターンはあるかも・・・。

 ただし、FXでレバレッジ1倍で取引する場合、最低の入金は米ドルで1000ドルが最低取引単位(FXの会社にもよる。1万ドルからの会社もある)。

 日本円にして、最低でも1ドル80円として、80000円から(実際にはスプレッドがかかるので、もっと必要)。

 外貨建てMMFなら、最低金額は日本円で1000円から。

 外貨FMMの場合、国債や社債で運用されているので、金利も付く(FXにもスワップ金利というのはつく)。

 こつこつ、小額ずつ積み立てるのなら、最低預け入れ金額の低い外貨建てMMF。

 
 ある程度の金額を短期で投資するならFXって言う使い方がいいのかも。

 今の為替相場が高いか低いか・・・。

 そこら辺判断できればいいけどさ。

 これがなかなか難しいのよね・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)