地震保険の税金はどうなる?

 

 民間の保険で、確定申告や年末調整で控除されるものといえば、生命保険と年金保険・地震保険。

 損害保険料控除は平成18年度から廃止されてしまった(経過措置として、平成18年以前に加入した、長期損害保険料は対象になってるが)。

 地震保険は火災保険とセットで加入するのだが、火災保険は、控除の対象にならない。

[スポンサーリンク]

地震保険の控除

・所得税控除は平成19年度分以後 、年間払込保険料の全額 、最高50,000円 。

・住民税控除 は平成20年度分以後、年間払込保険料の1/2 、 最高25,000円。 

・地震保険と長期の損害保険契約が両方ある場合には地震保険料控除とあわせて所得税は最高50,000円・住民税は最高25,000円

 損保の地震保険やJA・全労災などの地震共済の保険料も地震保険控除の対象になる。

地震保険の保険金には税金はかかるのか?

 不幸にも地震にあって地震保険の保険金をもらった。

 この場合、もらった保険金の税金ははどうなる?

 地震にあって、保険を受け取った場合、税金はかからない。

 たいていの場合、地震保険の保険料を受け取っても、雑損控除、災害減免法の適応になり、税金の還付金が受け取れたり、税金が安くなったりする。

 詳しいことは、税務署にご相談を。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)