自動車の税金・こんなに違う・・・

 

 管理人の車は、軽自動車だ。

 実家も軽自動車。

 この軽自動車、走行距離が比較的長く、しかも自動車税も安い。

 もちろん、車両保険の保険料や車検も安い。

 管理人の場合、この軽自動車で、どこへでも行く。

 たまに、車中宿泊もする。

 今回は自動車の排気量と自動車税の関係について。

[スポンサーリンク]

自動車の排気量と自動車税の年額

排気量660cc以下(軽自動車乗用・5ナンバー車)の自動車税の年額

2015年3月31日以前の登録車

業務用自動車税の年額:5500円 

家庭用自動車税の年額:7200円

2015年4月1日以降の登録車

業務用自動車税の年額:6,900円 

家庭用自動車税の年額:10,800円

排気量660cc以下(軽自動車貨物・4ナンバー車)の自動車税の年額 

2015年3月31日以前の登録車

業務用自動車税の年額:3000円  

家庭用自動車税の年額:4000円

2015年4月1日以降の登録車

業務用自動車税の年額:3,800円 

家庭用自動車税の年額:5,000円

排気量1.0リッター以下の自動車税の年額 

業務用自動車税の年額:7,500円  

家庭用自動車税の年額:29,500円 

排気量1.0超~1.5リッター以下の自動車税の年額

業務用自動車税の年額:8,500円  

家庭用自動車税の年額:34,500円 

自動車税の決まり方

 自動車税(排気量600CC以上の自動車)は都道府県が課税する。

 一方排気量600cc以下の軽自動車の税金は市区町村に納める。

 各市町村は、決められた額の1.5倍までの額で税額を定めることができる。

 このため、軽自動車税は上記の表の税額よりも高い市町村もある。

 とはいっても軽自動車の税金は圧倒的に安い。

 一家に何台も普通自動車を持ってるくらいなら、軽自動車に替えたらどうだろ?

 特に貨物用、俗に言う軽トラックは便利だし税金も安い。

 電気アシストの自転車なんかに買えるのもいいかも。

 それにしても、業務用の自動車税って、安いのね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)