災害に備える危険車両損害担保特約

 

 地震保険で保障される家財品は、『生活再建に必要なもの』

 自転車やバイクは保障されるというが・・・。

 では自動車は?

 田舎だと、自動車が生活必需品ってところもあるよ?

[スポンサーリンク]

地震保険だけでは自動車は保障されない

 でも、地震保険で保障される家財は、『自動車、貴金属、宝石、書画等で1個または1組の価額が30万円を超えるもの』。

 それ以外は対象外。

 じゃあ、どこで、保険をかけたら、自動車も地震や津波などの自然災害で保障されるんだろう?

自動車保険には特約をつけよう

 車両保険(自動車保険)では、特約をつければ自然災害でも、保障が付く。

 地震・噴火・津波危険車両損害担保特約という。

 損害保険会社によってその引き受けに制限を設けていたり(あるいは引き受けそのものをしない)、積極的には販売していないのが実情のようだ。

 特約をつけてかかるお金は、数千円程度だって話だから、つけないでおくより、つけたほうが良いと思う。

自動車保険は買ったときの車の代金が保証されるわけではない

 とはいっても、車両保険って、買ったときの車の代金がそのまま保証されるわけじゃないんだよねえ。

 車を買ってから年数がたつにしたがって、保障の金額は小さくなるわけだから、購入から時間がたってからの加入は、その人の考え方次第。

 車の保険や共済って、1年の掛け捨てだし。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)