地震保険の全壊・半壊・一部損壊ってどのレベル

 

 地震保険の全壊・半壊・一部損壊ってどのレベル?

 地震の多い日本、マイホームには地震保険は必須。

 でも、地震保険では建物の被害によって保障内容が異なる。

 地震保険の建物被害の分類は全壊・半壊・一部損壊の3種類。

 では、全壊・半壊・一部損壊は殿レベルの建物被害のことを言うのだろう?

[スポンサーリンク]

一部損壊の定義

  • 主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の3%以上20%未満である損害、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmをこえる浸水を受け損害が生じた場合。

半損壊(半壊)の定義

  • 主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の20%以上50%未満である損害、または消失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延べ床面積の20%以上70%未満である損害。

全損壊(全壊)の定義

  • 主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の50%以上である損害、または消失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延べ床面積の70%以上である損害。

 一方、保障の範囲はどのようになるのだろうか?

地震保険の補償と損害状況

一部損壊の場合の保障

契約金額の5%(時価5%が限度)

半損壊の場合の保障

契約金額の50%(時価の50%が限度)

全損壊の場合の保障

契約金額の100%(時価が限度)

*ただし、最高5000万円まで(特約で別途契約されている場合は別 )

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)