リボ払いで、カード会社はうはうは!利用者は、利息で堂々巡り

 

 カード会社がしきりに勧めるリボ払い。

 『ポイント倍つけますよ』とか、甘い言葉をクレジットカード会社は誘ってくるが、クレジットカードのリボ払いは、絶対使ったらいけない。

 とんでもなく高い金利を払う羽目になる。

[スポンサーリンク]

クレジットカードのリボ払いとはどんなもの?

 クレジットカードのショッピングなどのリボ払いはおおよそ2種類に分けることができる。

自動リボ払い

毎月一定額プラス手数料(利息プラスアルファ)を支払う定額払い。

後リボ払い

買い物などをした後、その買い物代金を一定額プラス手数料で支払う。

など・・・。

もっとわかりやすくいえば

定額払い

毎月、あらかじめ指定した一定額を支払う。

負債の大小に関わらず返済額が一定(元利定額払いの場合は利息分の変動あり)であるため負債残高が高額になるとなかなか元金が減らず、返済が終了しない。

元金が減らないということは、利息も減らず、いつまでたっても利息分だけを払い続けないといけない。

トータルで支払い総額が高額になる。

元金定額リボルビング方式といって、指定した一定額はすべて元金の返済に充てられ、それとは別に金利を支払う方式もある(こちらの場合は、元金が減るので、トータルで考えると、支払い総額も減る)。

定率方式

元金の残高OR元金プラス利息の残高の一定率を毎月支払う方法。

支払い期間が長くなる(というより、最終的に、残高の一括返済をしないと、永遠に支払いを続ける羽目になる)

リボ払いで得をするのはクレジットカード会社だけ

 定額方式・定率方式のいずれにしても、一回の返済額が少ない場合、元金は減らない計算になる。

 リボ払いにしてもらえれば、買い物代金の元金は減らず、利息は取り放題!

 カード会社が儲かってうはうは!

 挙句の果てには、『リボ払いになったご利用分を、もとのお支払い方法に戻すことはできません』なんて記載があったりする。

 これで、支払いは、一定額だからと買い物を続けると・・・。

 考えるダニ恐ろしい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)