JAや農林中央金庫・漁業協同組合の預金保護・農水産業協同組合貯金保険制度

 

 JAバンク(農林中央金庫、農業協同組合、漁業協同組合)は厳密に言えば銀行ではない。

 銀行ではないので銀行法上の預金保険の保護対象の金融機関ではない。

 では、JAバンクの預金は、保護されないのかというと、農水産業協同組合貯金保険制度により保護されている。

 内容的にも、預金保険とほぼ同じ。

[スポンサーリンク]

農水産業協同組合貯金保険制度で保護される金額

 「決済用貯金」については全額保護、「一般貯金等」については1農水産業協同組合ごとに貯金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息等。

農水産業協同組合貯金保険制度の対象にならない金融商品

 外貨預金・投資信託・農林債(ワリノー・ワリコーはのぞく)

農水産業協同組合貯金保険制度の運営

 政府・日本銀行・農林中央金庫・信用農業協同組合連合会等・信用漁業協同組合連合会等

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)