預金保険とペイオフの違い-保護される金融機関・金額・金融商品は?

 

 ペイオフと預金保険はイコールじゃ無いんだけど、なんとなく、区別がつきにくいきがする。

 今日は区別の付きにくい「ペイオフ」と「預金保険」について。

[スポンサーリンク]

ペイオフとは何か

 つぶれた金融機関の預金等の保障が、全額から定額保護に移行する事。

預金保険とは何か

 「預金保険法」という法律で定めらた保険の一種。

 預金者が保険料を払い込む必要は無い。

 運営主体は、政府、日本銀行、民間の金融機関などが出資している預金保険機構。

預金保険で保護される金額

 面倒な定義があるのだが、簡単に言えば、決済用預金(無利息、要求払い、決済サービスを提供できること、という3要件を満たす預金)は全額、それ以外の預金等は1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息。

対象となる金融機関

 日本国内に本店のある、都市銀行・地方銀行・ネットバンク・信用金庫・信用組合・ゆうちょ銀行・労働金庫連合会・信金中央金庫・全国信用協同組合連合会・商工組合中央金庫

預金保険の対象外となる金融商品

 預金保険の対象になる銀行などの金融商品の中でも以下のものは預金保険の対象にならない。

  • 外貨預金
  • ヒット
  • 抵当証券
  • 投資信託
  • 金融債(一部、預金保険制度の対象になっているものもある)
  • ワリコー (ワリコーアルファは保険の対象)
  • 外貨建て定期預金

金融機関が合併を行った場合の預金保険の扱い

 金融機関が合併された場合の預金保険の取り扱いは

合併後1年間に限って、預金者1人当たり元本「1,000万円×合併等に関わった金融機関の数」までとその利息。

 と定められている。

 対象金融機関の金融商品でも、預金保険の保護の対象外となるものもあるので、注意。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)