信用金庫・信用組合・労働金庫の違いは?

 

 銀行は銀行法で定められた金融機関。

 では信用金庫や労働金庫はどんな法律で定められどんな役割を持っている?

[スポンサーリンク]

信用金庫や労働金庫について定めた法律

信用金庫を規制する法律は信用金庫法という。

信用組合は中小企業等協同組合法協同組合による金融事業に関する法律(協金法)に定められた金融機関。

労働金庫は労働金庫法に定められた金融機関。

 いずれも扱っている商品は、一般の銀行と同じく、流動性預金(普通預金など)・定期性預金(定期預金)・投資信託・各種ローンなどになる。

信用金庫 の特徴

信用金庫法という法律により設立されている法人。

地域で中小企業や個人を中心として融資や資金調達を行う地域密着型の金融機関。

信用金庫のメリット・デメリット

地域外の住人や企業の融資は行わない

店舗が少ない・ネットバンキングの基盤が脆弱なところが多い

地域密着型なので、融資などの相談はしやすい。

しんきんのキャッシュカードなら、全国のしんきんATMで入出金手数料が無料(しんきんゼロネットサービス)

信用組合の特徴

 信用組合のサービスは原則として組合員(出資した人)が対象(組合員の相互扶助)。

労働金庫の特徴

労働者のための金融機関。

全国に13の労働金庫がある。

ATMは13の労働金庫で入出金が相互に無料。

13労働金庫は、独立した、金融機関であり、預金の預け替えなどはできない。

労働金庫のメリット・デメリット

企業・団体に勤めていると、ローン時の金利などの面で、優遇がある場合もある。

引越しで、他地域へ引っ越した場合の利用が不便・退職時の手続きが面倒。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)