ふるさと納税は納税じゃなくて自治体への寄付

 

 ふるさと納税とは『自分の生まれた市町村に、税金を納めること』。

 いえいえ違います。

 ふるさと納税は自治体への寄付金のことである。

 なんで、『納税』って言葉なのか不思議。

[スポンサーリンク]

ふるさと納税の定義

 『個人が5,000円(2010年分より所得税については寄附金の2,000円を超える部分、個人住民税については寄附金の5,000円を超える部分)を超える寄付を行ったときに、住民税と所得税から一定の控除を受けることができる。』制度。

 例えば『東京都A市に住む人が地方公共団体の新潟県B市に「ふるさと納税」として寄付すると、A市への住民税は、税額控除により減額され、地方公共団体の新潟県B市に税金を納めたのと同じようなことになる』

 ってことで、ふるさと納税って言葉になっている。

 こじつけっぽいネーミングであるな。

ふるさと納税のメリット

 納税者のメリットとしては、

  • 寄付した場合、都道府県民税(住民税の都道府県分)・市町村民税分が控除対象となる
  • 所得税の控除を受けることが出来る
  • 出身の都道府県や市町村だけでなく、任意の自治体に寄付できる

ふるさと納税は出身地以外の自治体でもできる

 『自分の生まれたところや育ったところに、寄付(納税)する』と思っている人がいるようだが、別に寄付する自治体はどこでもいい。

 寄付の方法は、各自治体で違うので、市町村へ確認されたし。

ふるさと納税で税金の控除を受けるには

 所得税・住民税の控除を受けるには

  1. 寄付した自治体の領収書をもらう。
  2. その領収証を持って税務署で確定申告する。

 しかし、わざわざ、判りにくい『ふるさと納税』って言葉を使わなくても、『地方自治体への寄付と寄付控除』って普通にいえば良いような気がするのは、管理人だけなのか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)