滞納すると怖い住民税

 

 金融機関の借金って言うのは、法律の専門家なんかに相談すれば、何とかなることが多いらしい。

 返済に猶予をつけてもらったり。

 といっても「借金を返さないで済む」というものでもないが。

 特に、高利のローンなんかについては、今、弁護士や司法書士に相談すると、払った金が返ってくるなんて事もある。

 でもどうにもならないのが、税金。

 特に、住民税の滞納は怖い。

 滞納すると、ほんとに、にっちもさっちも行かなくなるらしい。

[スポンサーリンク]

住民税はなかなか減免されない

 社会保険料(年金や健康保険料)は、減免がある。

 けど、住民税は、災害にでもあわない限り減免にならないケースがほとんど。

 皆様も、お気をつけあそばせよ。

 ちなみに、住民税の税額は、前年度の収入によって違ってくる。

 各自治体によっても、金額は違う。

前年度の所得がゼロでも住民税はゼロにならないこともある

 前年度の収入が、非常に少なくて、所得控除を引いた収入が0の場合は、負担額0ということもある。

 が、所得税がゼロでも住民税がゼロになるとは限らない。

 なぜなら、住民税の控除は同じ名前でも所得税の控除より控除額が少ない場合が多いからだ。

 ちなみに生活保護・失業給付金の支給を受けている人も住民税の減免の対象になる場合もある。

住民税が払えない場合は早めに市町村窓口へ

 住民税で、ほんとに困ってる人は、早めに、市役所に相談に行ったほうがいいかも。

  しかし、所得税は『税務署』、住民税は『市(区・町)役所』、社会保険は社会保険事務所とハローワークと市町村。

 管轄部署が、たくさんあるのでわかりにくいことこの上ない。

 え、住民税を滞納したらどうなるのかって?

 家財道具から、預金まで、滞納額におうじて、差し押さえられるんですね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)