初めてのe-Tax(電子納税)・事前準備と環境の確認

 

  さて、e-Taxで電子申告をして見ましょう。

 
 平成23年度分の確定申告から初めてe-Taxを使う人は、事前準備やOSの確認など面倒だけどがんばってみて。

 まずは、道具の準備から・・・


e-Tax(電子申告)に必要なもの

1、住民基本台帳カードを市町村役場で用意する。

 役所へ行って、数分で作ることが出来ます。

 印鑑と住所がわかる身分証明書を持参すること。

2、カードリーダー(接触型)を用意する。

3、前年度分の確定申告の用紙を用意。

 さて、準備は出来ましたか?

 それでは!


初めてe-Taxを使う場合の環境確認

1、国税庁ホームページにアクセス

国税庁Hp確定申告特集 赤で囲った場所をクリック。

2、赤で囲った部分をクリック。
e-Taxで送信する人 

e-Tax利用準備確認画面1

3、 ここから、事前の準備が出来ているかどうかの確認画面が出ます。

環境条件の説明
 それぞれの項目で、確認の仕方等が表示されるようになっているので、一つ一つ『開く』をクリックして、確認してください。

 
 同じ画面の下に事前準備のセットアップ画面があります。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)