厚生年金は元を取れるのか・・・。

 

  給料表が手元に来たのだ。

 で、厚生年金約23000円(自己負担)なり。

 で、計算してみた。

 23000円×40年×14(12か月分と、ボーナス年2回)。

 これを、今、政府が検討している70歳からの支給と考えて、平均寿命女性86歳、男性80歳(小数点以下は四捨五入)

 大体、男女の平均寿命を鳴らすと13年(基本的に、死ぬ人は若い時に死ぬし、死なない人は、、もっと、高齢になるまで死なないんじゃないかと思うから、年金をもらえる年まで生きた人は、もっと長生きするんじゃないカナとは思うんだけど)。

 支払った年金額÷13年÷12ヶ月=大体8万円前後。

 

 70歳から、平均寿命まで生きると考えた場合、もらえる年金が8万もらえれば、元が取れる計算になる。

 
 今、政治の世界で検討されている、最低年金額が7万とかって聞いたけど・・・。

 平均寿命より長生きしないと、元が取れない。

 厚生年金の企業負担分はちゃんと支払ってくれるんだろうか?

 しかし、70歳から年金もらったとして、自分の判断でお金を使えるのは、いったい、何歳位までなんだろう。

 75歳超えると、判断能力って、一気に衰える気がするんだけど。

 すごく、大雑把に計算してみたんだけどさ。

 しかし、どうなるんだろう?年金制度って。

 払い損はいやだけどさ。

 ぼけたり、寝たきりになってから、年金もらってもうれしくない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)