永代供養って、なに?

 

 生きてるうちから、死んだときのことを考えるのはいやだって人も多いかもしれないけど、無用なトラブルを避けるためにも、死んだときのことを考えておくのは、大切だと思うな。

 で、今回は、永代供養ってってなんだって話だ。

 永代供養ってのは、一時金を払うと、納骨した寺がつぶれない限り、供養してくれるっていう意味だ。

 供養の内容は、お寺によって違うようだが・・・。

 一霊(亡くなった人一人)幾らって決まっていることが多い。

 個別の納骨堂に収めるタイプと合祀型といって、共同のお墓に収めるタイプとある。

 個別の納骨堂に収めるタイプは、数十万から数百万。

 合祀型は数万から数十万。

 個別のお墓で無いのは、死んだ人に対して失礼な気がするって人は、『手元供養』っていって、お骨や髪の毛の一部分を骨壷で保存するとか、ペンダントなどにして手元において置くっててもある。

ペンダントとしても魅力の手元供養当社独占販売・メルツ社送料無料◇50%OFF!!◇【ドイツ MERZ…

遺骨ペンダント・遺骨アクセサリー【送料無料】手元供養アッシュペンダント SV-007
遺骨ペンダント・遺骨アクセサリー手元供養【送料無料】【代引手数料無料】カロートブレスレッ…
遺骨ペンダント・遺骨アクセサリー【送料無料】【遺骨ペンダント】プラチナ製 アッシュペンダ…
同じようなデザインでも、素材でずいぶん値段が違う。

 シルバーで、数万円から、プラチナで数十万まで・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)