クレジットカードを何枚も持っていると、住宅ローンの審査が通りにくくなる?

 

 何枚もカードがある管理人、まあ、それなりに作った理由はあるのだが、そのうちのひとつが、24年から年会費が有料になることになった。

 ECなびのカードで、今までは『年1回でも使えば無料』で、『ECナビポイントを手数料なしで、キャッシュバックできる』という利点があったので、作ったもの。

 プロバイダの料金を引き落としにしていたが、どこか、今度は、別のところのカード会社を引き落としにせねば。

 ECナビのポイントも別の方法で利用するか。

 そんなことを考えていたら、ちょっとショッキングな記事を発見。

 『クレジットカードを何枚も持っていると、住宅ローンの審査が通りにくくなる』って物。

 ”カードに50万円のキャッシング枠が備わっているとします。すると、実際は1円も借りてないにもかかわらず、住宅ローン審査の段階では「50万円を借りている」とみなして審査されるのです。「いつでも50万円が引き出せる」という環境が整っているのが、その理由です。”

 
 ”返済能力から計算して、その人の住宅ローン借入限度額が3000万円まであるとします。すると、クレジットカードを所持しているだけで、住宅ローンとしては2950万円(3000万円?50万円)までしか借り入れが起こせないことになるのです。カードの所持数が2枚3枚と増えれば、さらにその分、住宅ローンは減らされることになります。”

 ほー、そうなんだ。

 本とか嘘か?

 いずれにしても、今のところ、住宅ローンを借りる予定は無いんだけど、この際だから、カードを整理するちょうどいい機会になって、かえってよかったかも。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)