ローンで家を買ったら、住宅借入金等特別控除・あなたは対象になる?

 

 
住宅ローンに関する控除はなにやら難しい。

『マイホーム取得のための住宅ローンの残高の一定割合が一定期間還付される』というのが、住宅ローン控除。

 正確には、「住宅借入金等特別控除」ってやつ。

 他に、住宅に関する控除は「特定増改築等住宅借入金等特別控除」・「住宅耐震改修特別控除」・「住宅特定改修特別税額控除」・「認定長期優良住宅新築等特別税額控除」なんて種類がある。

 
 今回は「住宅借入金等特別控除」について、調べてみたいと思う。


【住宅借入金等特別控除の対象となるのは】

 住宅の床面積(登記簿面積)が50平方メートル以上。

・床面積の2分の1以上が、自分の住居として使われること。

・償還期間が10年以上の借入金(社内融資の場合、金利に制限がある)。

・控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下。

・ 取得後6カ月以内に入居し、2010年12月31日まで引き続き住んでいること。

・配偶者(婚約者を含む)や同居の親族から購入した住宅でないこと。

・給与所得者が使用者(会社)から使用人である地位に基づいて時価の2分の1未満の価格で譲り受けた住宅でないこと

・建物付き

 

 中古の場合は、もっと条件がつく。

  『マンションなどの耐火建築物では、取得日時点で築25年以内であること』または、
『木造住宅などの非耐火建築物では、取得日時点で築20年以内であること』、
「耐震基準に適合していることが証明された住宅」であれば、築年数は一切問わない(ただし、2005年4月以降に取得した場合に限る)。

 大分はしょってみたけど、これだけでも、頭痛い!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)