扶養控除の対象になる、扶養者ってだれ?

 

  確定申告や年末調整のときの扶養控除、『結婚してないから関係ない』『子供いないから関係ない』と思ってる人居ませんか?
 対象となる扶養者は、子供だけじゃないんだ。

 ということで、独身者にも、扶養控除は無関係じゃない。

【扶養控除の対象はどんな人】

(1)原則として配偶者以外の親族であること
(2)納税者と生計を一にしていること
(3)年間の合計所得金額が38万円以下であること
(4)原則として、青色事業専従者や白色事業専従者でないこと
 

 要するに、配偶者以外の親族(6親等内の血族と3親等内の姻族)で同一生計、年間所得38万円以下の人が扶養控除の対象。

【送料無料】すぐできる!確定申告早わかり(平成23年申告用)

 ここ注意!

同一生計ってのは、同居していなくてもOK。

 たとえば、仕送りしてるとかでもOK。

 ただし、障害者が控除対象の場合や親(12/31現在で満70歳以上)が控除対象の場合、同居の方が控除額が大きくなる。 

 同居している、親を扶養家族にしている場合、58万。

 別居の親を扶養家族にしている場合の控除額は、48万。

 10万円近く違う。

 そして、ここも注意!

 共働き夫婦の場合、基本的には、年収の高い方に扶養をつけたほうが得になる。

 年末調整で、扶養控除を提出している、共働きの人で『扶養控除の申請を変更したい』って人は、夫婦そろって、確定申告すればOK。

 また、毎年、控除の対象となる人は変わってもOK。

 子供のいる人はもちろんだが、『親に仕送りしている』なんて人は、損しないように、ちゃんと申告しよう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)