源泉給料票の見方(たまに会社が間違うこともある)

 

  会社で、源泉徴収票をもらった『すげー、給料少ない!』

 でも、なんだか金額がおかしい。

 と思ってたら、やっぱり、間違いらしい。

 会社で、年末調整をした人は、あまり、源泉徴収など興味はないかもしれないが。

 確定申告をしないといけない人は、源泉徴収票はとても大事。

 意外に、確定申告したほうがいい人も居るので、源泉徴収票はちゃんと取っておこう。

 それより何より、源泉徴収票ってのは、来年の税金などの元になる物だ、自分の給料を把握するためにも、源泉徴収票の見方を覚えておいた方がいいかも。

 『支払い金額』というのは、税込みの給料・賞与の合計額。

 定期代等の非課税通勤費は含まれない。

 『給与所得控除後の金額』→所得税の課税対象となる金額。
 
 『支払い金額』から国の定めた控除額を差し引いた金額(国税庁のホームページなどに「○○年度年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」という題で乗ってるはず)。

 『所得控除の額の合計額』→扶養者控除や配偶者控除、基礎控除、この一年に支払った保険料等。

 『源泉徴収税額』=(『給与所得控除後の金額』-『源泉徴収税額』)×税率-控除額(ここで言う控除額は、『給与所得控除後の金額』-『源泉徴収税額』で決まっている。扶養者控除などとは別物)?『年調定率控除額(源泉徴収票の隅っこに書いてある金額)』=来年の税金の元になる金額。

 ま、大雑把に説明すると、こんな感じ。

 正確に、源泉徴収票を素人が計算するのは大変だが、管理人みたいに、『間違い』ってこともある。

 なんとなく、『おかしいな・・・。』と思えるくらいの知識は、あって損はない。

 管理人の源泉徴収票がどこが違ってたかというと、『支払い金額』が『給与所得控除後の金額』になってたみたいだ。

 でも、このまま、確定申告に持っていったら、来年の税金は安く済んだかも・・・。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)