法定相続人はどの範囲

 

 法律上の遺産の相続人ってのは、法定相続人という、じゃあ法定相続人はどの範囲?

[スポンサーリンク]

法定相続人の範囲

配偶者

直系卑属;子→子がすでに死亡している場合はその子(要するに孫)、孫も死亡している場合は曾孫と続く。嫡出子(正式な結婚で出生した子)、非嫡出子、養子、胎児、の区別はないが、非嫡出子の相続分は、嫡出子の1/2。

直系卑属がいない時、被相続人の父母(直系尊属)→父母がすでに亡くなっている場合は、祖父母、祖父母もない場合は曾祖父母と続く

直系卑属も直系尊属もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹→兄弟姉妹が死んでいる場合、甥姪まで。

相続の取り分はどうやって決める?

 相続の優先順位としては

『遺言(遺留分については保障される)』

→『相続人同士の話し合い』

→『法定相続分』の順番。

法定相続分

配偶者がいる場合

  配偶者がいれば、1/2を配偶者が相続する。

 残り分を子供たちで均等に分ける(非嫡出子の場合は嫡出子の1/2)、死んだ子供がいてその子供に子供(孫)がいれば、死んだ子供の分を孫が引き継ぐ。

配偶者がいない場合

 配偶者がいなくて、子供がいる場合→子供たちですべて分ける。

配偶者はいるが、子供がいない、父母(または祖父母がいる)がいる場合
 →配偶者が2/3、父母(または祖父母などの直系尊属)が1/3を相続。

配偶者も子供もいない場合

配偶者も子供もなく、父母(または祖父母がいる)がいる
 →父母(または祖父母)がすべて相続。

配偶者はいるが子供がいない場合

配偶者はいるが子供がなく、親もなく、兄弟がいる
 → 配偶者が3/4、被相続人の兄弟姉妹が1/4。

配偶者・子供や孫、ひ孫・父母・祖父母などがいないが兄弟がいる
 →兄弟姉妹が全財産を相続。

遺産トラブルを防ぐためには?

 特に、兄弟間の相続や甥姪が相続にかかわってくると、トラブルが増えるらしい。

 生きてるうちに、ちゃんと財産や借金の取り分などをはっきりさせておくのは、ある意味、『親・子・妻・夫としての責任』の範疇だろう。

 本のちょっとのお金しかもってなくても、ちゃんと、元気なうちに、家族と話し合っておく、そして、出来ればちゃんと遺言状を作っておく。

 これがトラブルを防ぐコツだ。

 死んだあとの『遺産』の話とか、介護が必要となった時の負担の割合(費用は誰が管理して払うのかとか、実際の介護は誰がするのかとか)元気なうちは、話題にするのを嫌がる高齢者が多いけど『俺の死ぬのを待ってるのか』とかいって怒らず、ちゃんと取り決めをしておいた方が絶対いい。

 特に、介護が必要となった時のお金の管理は、ちゃん事前に取り決めておかないと、お金だけ使い込まれておしまいなんてことになる。

 イヤー、多いんだ、長男が高齢者の年金を握ってるのに、結局お金を払ってくれなくて、しかも、面倒も見ないため、他の兄弟が自腹切ってるっての(特に、娘が面倒を見ることになってる例が多い)。

 そういう意味でも、元気な時に後見人を定めておくことや遺言をきちんとしておくことは、すごく大事だ。

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)