JAL対ANA株主優待券「ANAがお得」を検証!

 

 株を買うひとつの動機が株主優待券!なんて人もいるかも。

 ”飛行機の株主優待券ならJALよりANAの方がメリット多いby森永卓郎”

 という話を見たので、では本当にJALとANAの株主優待券そんなに違いがあるのかと思って調べてみた。

 株主優待券はJALよりANAがお徳は本当か?

[スポンサーリンク]

JALの株価・最低購入金額

株価:5,810円(2014/09/20)、年初来高値: 6,110 円(14/07/22) 、年初来安値
4,555 円(14/03/27)

売買単位: 100株

実際に必要な最低購入金額:100株×株価5810円=581,000円

ANAの株価・最低購入金額

株価:257円(2014/09/20)、年初来高値 261.1 (14/07/31)、 年初来安値 205
(14/02/04)

売買単位:1,000株

実際に必要な最低購入金額:1,000株×株価257円=257,000円

JAL対ANA・最低購入金額を比較すると

 JALの最低購入価格はANAの約2倍強。

 ANAの株はJALの半分の値段で購入できるということになる。

最低購入単位でもらえるJALの株主優待券

・3月のみ「ジャルパックツアー」割引券(7%割引)⇒2枚。

・JAL・JEX・J-AIR・JTA・JAC・RACが運航する国内全定期航空路線対象、大人普通運賃(小児の場合は小児普通運賃)1名分の片道1区間が50%割引。
*有効期限あり。
⇒1枚。

最低購入単位でもらえるANAの株主優待券

・株主優待券(普通運賃50%割引・有効期限あり)⇒1枚。

・自社グループ優待券1冊
*1冊に以下(1)~(6)の優待券
(1)IHG ANA
ホテルズグループジャパン(「インターコンチネンタル」・「ANAクラウンプラザホテル」・「ホリデイ・イン」・「ANAホテル」):宿泊(ベストフレキシブル料金の20%割引)6枚、飲食(5~10%割引)5枚、婚礼(10%割引)1枚、会議・一般宴会(15%割引)3枚
(一部適用除外ホテル有)
(2)「ハローツアー」(海外旅行)・「スカイホリデー」(国内旅行)7%割引券各2枚
(3)空港売店(「ANA
FESTA」他)10%割引券5枚
(4)自社指定商品の優待価格販売
(5)ゴルフ場(「武蔵の杜カントリークラブ」)ビジター料金割引券4枚
(6)ゴルフ場(「早来カントリー倶楽部」)ビジター料金割引券3枚

JAL対ANA株主優待券どちらがお得?

 株を買うには最低購入単位以上でないと買えないので、JALの株を買うための購入金額は、ANAの2倍以上になる。

 一方株主優待券のほうの中身は同じようなもの(好みはあるだろうが)。

 JALもANAも路線としては同じようなものなので、いろいろ考えると、確かにANAのほうがお得感がある 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)