貸借対照表の元入金っていったい何?

 

 青色申告初心者が戸惑う貸借対照表。

 この貸借対照表の元入金とは何なのか?

 市販の青色申告用のソフトなどでは、この元入金もあまり意識されないが、きちんとした意味や使い方を知っておいたほうがいざって時にいいと思う。

 今回は、青色申告の貸借対照表の元入金の意味を知ろうという話。

 

[スポンサーリンク]

事業開始時の元入金

 事業を始めたばかりの元入金は、いわば『開業に要した費用(開業費)』。

 要するに、開業するために事業主が出したお金や固定資産などから、借金(人から借りたもの)を引いたもののことをいう。

 

 貸借対照表で言えば、『資産となるもの』-『負債となるもの』=元入金。

 具体的には『資産(現金、預貯金、減価償却後の固定資産など)』マイナス『負債(買掛金、未払金、預り金、借入金など)』。

 

 『事業主が事業用に使うお金や物』-『事業主以外から借りたもの』=元入金。

といっても良いかもしれない。

 

事業開始時の元入金の設定

 青色申告用のソフトなどを使っている場合、初期設定画面で事業開始時の資産と負債を入力し、元入金はソフトが貸借対照表へ自動入力するものが多い。

 

 管理人が使っているExcel簿記というのは、事業開始時の設定なんていう気の利いたものはなくて、貸借対照表の期首に直接記載していく。

 元入金の自動計算機能もないので、貸借対照表の「資産の部」・期首と「負債・資本の部」・期首にそれぞれの金額を入力して、『資産の合計-負債の金額』を元入金として入力する。

 

次年度以降の元入金

 開業次年度以降の期首の元入金は、[前年度の元入金]+[前年度の青色申告控除前所得]+[前年度の事業主借](事業主が補填した額) -[去年の事業主貸](事業主が生活費として使った額) を本年度の期首の元入金として入力する。

 

 

 ちなみに、Excel簿記の減価償却の計算シートは、「決算書3」というものだが、この減価償却、確定申告作成コーナーの減価償却と計算が合わなくなる。

 Excel簿記の計算は、1円未満を四捨五入。

 確定申告コーナーの減価償却の計算は、1円未満を切り上げている様子。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)