健康診断・人間ドックの費用も医療費控除できるかもしれない

 

 人間ドッグや健康診断にかかったお金も医療費控除の対象になる場合がある。

 本来、健康診断や人間ドッグにかかった場合、支払ったお金は医療費控除の対象にならないのだがこれにも例外がある。

 

 健康診断や人間ドッグにかかって、その結果、病気が見つかり、治療を始めた場合、病気を見つけた健康診断や人間ドッグの費用が医療費控除の対象になる場合があるようだ。

 

[スポンサーリンク]

人間ドック・健康診断等の費用が医療費控除の対象となるケース

 国税庁タックスアンサーNo.1122 医療費控除の対象となる医療費

 “健康診断等の費用は、疾病の治療を行うものではないので、原則として医療費控除の対象とはなりません。
 しかし、健康診断等の結果、重大な疾病が発見され、かつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断等は治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断等のための費用も医療費控除の対象になります。
 
(所基通73-4)”

 

 というわけで、条件に合う人は、確定申告で医療費控除を受けることができるよ。

確定申告で控除をいろいろ受けると、所得税が返ってくるだけでなく、来年の住民税も安くなる可能性があるし。

 

 一家全員の領収書を集めて、医療費控除を受けよう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)