国民年金保険料を安くする方法・4月からは2年前納

 

 国民年金保険料を安くする方法。

 1月末に2014年度の新しい支給額や保険料が発表された。

 今年4月末の口座振替分から割引率の大きい2年前納(2年間分前払い)制度が導入される。

 

[スポンサーリンク]

国民年金保険料は月額1万5250円

 2014年度の国民年金の保険料は前年度より210円増額の月額1万5250円に決まった。

 1年間にすると18万3000円の支払いとなる。

 2013年度の国民年金保険料と比べると年間2520円の増額となる。

 2年間だと5040円の増額。

 

今までの国民年金保険料の納付方法

 今までも、国民年金保険料が割引される制度はあった。

・口座振替による割引⇒割引率0.3%。

・口座振替による半年分の前納⇒割引率1.1%。

・口座振替による1年前納⇒割引率は2.0%(年間で3840円の割引)。

 

国民年金保険料を2年前納するとどうなる?

 国民年金保険料を2年前納すると、割引率は4.0%。

 年額にして1万4800円の割引となる。

 

国民年金保険料2年前納の注意点

・口座振替のみの適応。

・2月末日までの申し込みが必要。

 

国民年金保険料を2年前納にするには?

 日本年金機構から口座振替依頼書を取り寄せ、必要事項を記入して金融機関または近隣の年金事務所(郵送も可)に提出。

 

 2年前納の場合、1回に納める国民年金保険料は35万5280円。

 決して小さくはない金額だが、どうせ払わないといけないのなら2年前納を選んだほうがお得だ。

 35万5280円を定期預金にしたって、4%の金利はつかない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)