遺言書の証人は誰に頼む?

 

 遺言書の内、秘密証書遺言書・公正証書遺言書の作成時に必要な『証人2名』。

 この遺言書の証人、誰でもよいというわけではないらしい。

 中には、遺言書の証人になれない立場の人もいる。

 

[スポンサーリンク]

秘密証書遺言書・公正証書遺言書の証人になれない人

・未成年者

・遺言者が現時点で死亡したら相続人になる人(推定相続人)

・遺言書に「○○に相続させる」と書かれる人(受遺者)とその配偶者(夫または妻)、受遺者の直系血族(親や子)

・公証人の配偶者、公証人の四親等以内の親族、公証役場の従業員

 

証人になれる人がいない場合は?

 では、身近に証人を頼める人がいない場合や、公正証書遺言書で遺言の内容を他人に知られたくない場合はどうするか?

 公正証書遺言書の場合、遺言の内容は証人に確認してもらわなければならない。

 個人に遺言書の証人を頼んだ場合、証人以外の人にも遺言の内容が漏れる可能性は高い。

 人の口には戸は立てられないというし。

 

 こんな場合は、士業といわれる人たち(弁護士・司法書士・行政書士)に証人を頼むことができる。

 お金はかかるが、士業の人たちは一応『守秘義務』があるので。

 ご近所の人や親戚などに頼むよりは安心できる。

 

 個人で士業の人たちを頼んでもいいし、公証人役場に相談すると紹介してくれるらしい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)