外貨投資って、どんなもの

 

 外貨での投資って、さてどんなもの?

 外貨=他の国の貨幣だよね。

  日本は、低金利だが、諸外国には金利の高い国がある。
 
 なので、金利の高い国にお金を預けると、まあ、その高い金利で、お金が運用されるわけ。
 

 そこで、面倒なのがお金の価値。
 
 日本の国内では、1円は1円の価値だが、他の国にとっては、1円は幾らになるかって話。
 
 毎日どころか、刻々と、変わっていくのが、この、1円の価値。

 1円で、外国の貨幣として、幾らの価値があるかは、対象となる国の政治情勢や経済情勢によって、刻々と変わる。

 
 この変わる貨幣価値を利用して、利益を出そうという傾向が強いのがFX。

 外国の高い金利を享受しようって言う傾向が強いのが、銀行の外貨預金とか、証券会社の外貨MMF。
 

 FXは仕組みをきちんと理解してから出ないと、思わぬ損失が出る。
 

  初心者が、安心して使えるのは、証券会社の外貨だてMMF。

証券会社の外貨だてMMF
 
 口座管理料がかからない。

 過去の運用成績はたいへん優秀で、いままでに、外貨を基準にして元本割れをしたことがない。
 そのため「極めて安全性に優れている」と投資専門機関により最高の格付けを与えられている。

 土、日と投資信託の休日でなければ、いつでも購入、換金することができ、1,000円?の少額資金から始めることができる手ごろな投資商品 。

 出来れば、円高の時に購入して、円安の時に出金するのが理想的。
 

 外国の金利のほうが、日本の金利に比べ今のところ高いことが多いため、長期に預けると、リスクが少ない。 

 『銀行の外貨預金より、証券会社の外貨建てMMFのほうが何でいいの?銀行のほうが安心でしょ』と思うかもしれないが、外貨建ての資産運用に関しては、証券会社のほうが一歩上。

・外貨建てMMFのほうが為替手数料(外国の通貨を買う時の手数料)が格段に少なく済む。
 
・最低金額:外貨預金→10万円相当額以上、外貨建てMMF→900円以上。
 
・預入期間:外貨預金→固定(1ヵ月・3ヵ月6ヵ月・1年)、外貨建てMMF自由。

 何より大きいのが、外貨預金は、預金保証対象外だが、外貨建てMMFは分別管理のため、万が一証券会社が破綻した場合でも、MMF資産は保全される。
 
 デメリットは、外貨預金は『外貨で元本保証がある』点。
 
 もっとも、今まで、外貨ベースで、MMFも元本われを出したことはない。
 
 あと、基本的に外貨ベースでの払い出しがMMFは出来ない(出金は必ず基本的には日本円)ってとこ。

 
 いずれにしろ、株も外貨投資も(もちろんFXも)生活のためのお金を使ってはいけません。

 借金してまでのめりこむのは、もってのほかでございます!

 ところで、口座開設で、ポイントがもらえるというのに引かれて楽天証券 にこのブログのバナーから資料請求をしてみた。

 いきなり、口座開設画面に出たので、ちょいとびっくりしたのだが、『資料請求』と『口座開設用の書類請求』の画面が一緒になっているものらしい。

 入力して、送信したら最後に『資料請求ありがとうございました』の文字が出てきて、肩の力が抜けてしまった。

 皆さんも、バナーから申し込んだ段階では、様は資料請求ってことみたいなので、びっくりしないでね。

MMFに興味のある方は資料請求をどうぞ→楽天証券

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)