生命保険料控除に個人介護保険料

 

 さすがに年末調整は終わったとは思うけど、もうしばらく年末調整の話題を。

 年末調整で皆さん気になるのは、生命保険料控除。

 この生命保険料控除もちょっと書きにくい。

 なぜなら、昔とちょっと違うから。

 

[スポンサーリンク]

以前の生命保険料控除の対象

・一般の生命保険料
・個人年金保険料

 各保険料5万円、トータルで、支払った保険料の総額10万円までの保険料が控除の対象となる。

 

新しい生命保険料控除の対象

・一般の生命保険料
・個人年金保険料
・個人介護保険料

 トータルで12万円までの保険料が控除の対象。

 平成23年12月31日までに契約を締結した旧保険契約については、各5万円の保険料控除のまま残る。

 平成24年1月1日以降契約を締結した新保険契約については、4万円の生命保険料控除に引き下がり、そこに介護保険医療保険料タイプのものが加わり、全体としての生命保険料控除対象となる支払い保険料10万円から12万円にアップする。

 

保険商品そのものが生命保険料控除を受けられる商品であるのかの判断は?

 年末調整の時期が近づいてくると契約者のもとに「生命保険料控除申告書」という書類が送られてくる。

 そこに『一般の生命保険料控除』『個人年金保険料控除』、あるいは『介護保険料控除』に該当するかが明記されているはず。

 この内容を見て、生命保険料控除を記載していけばいいことになる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)