年収103万円を超えても配偶者特別控除を受けることができる

 

 配偶者控除の対象にならない人でも配偶者特別控除の対象になるかもしれない。

 配偶者特別控除なんて、年末調整の扶養控除等(異動)申告書にどうやって書くの?

 という人。

 配偶者特別控除は、扶養控除等(異動)申告書に記載欄がない。

 配偶者特別控除の記載欄は、保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書』に記載する。

 

[スポンサーリンク]

年末調整・配偶者特別控除とは?

 配偶者特別控除とは、配偶者控除は受けられないが、合計所得金額38万円(年収103万円以下)を超えてしまうと途端に税の負担緩和措置がなくなることに配慮したもの。

 合計所得金額が38万円を超えても76万円未満(年収でいうと103万円超141万円未満)の場合には、段階的に税の緩和措置が図られている。

*所得者本人の合計所得金額が1000万円を超えている(年収が1231万5790円を超えている)と適用されない。

*青色事業専従者として所得者本人から青色事業専従者給与を受けている場合や、白色事業専従者の対象となっている場合にも、配偶者特別控除の二重適用はできない。

 

年末調整で配偶者特別控除を受けるためには?

 配偶者特別控除を受けるには、年末調整で配られる『保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書』に記載する。

 保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書の右1/3の上段に「給与所得者の配偶者特別控除申告書」という記載欄があるので、この部分に記載。

*「扶養控除等(異動)申告書」の控除対象配偶者の欄に記載してはならない。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)