クレジットカード情報流出・紛失時の対応方法

 

 最近、個人情報流出の記事が目立つ。

 中には、クレジットカード番号の流出なども。

 クレジットカード番号を人に知られたということは、ほとんど、クレジットカードを盗まれたのと変わらない。

 今日は、クレジット番号を人に知られた場合や盗まれた場合の対処方法。

 

 カード情報の流出だけでなく、クレジットカードを紛失した場合も同じ対処を行うので、覚えておこう。

 

[スポンサーリンク]

クレジットカード情報が流出・盗難・紛失した場合の対処法

1、クレジットカード会社に連絡して、クレジットカードの利用を停止する。

 紛失・盗難の届けを出した日からさかのぼって届出以降の損害額をクレジットカード会社 が負担してくれる。

 規約で不正利用された場合の補償内容(期間)が明記されている。

 ほとんどのクレジットカード会社では、クレジットカードの紛失・盗難に備えて、24時間体制で対応体制を整えている。

 手元にクレジットカードがある場合には、クレジットカードに連絡先が記載されている。

 紛失などで手元にクレジットカードがない場合については、会社さえわかれば、インターネットで調べることもできる。

 また、送付されたときの書類にも必ず連絡先が記載されている。

 

 ちなみに、利用停止の連絡をすると、そのクレジットカードで支払っているものの支払いも当然だができなくなる。

 

2、不正利用されていないかを利用明細で確認

 クレジットカードが不正利用されているかどうかは、カード会社にはわからない。

 きちんと自分で利用明細を確認して、不正利用されていたら、すぐ、クレジットカード会社に連絡しよう。

 利用停止後でも、今までの利用の引き落とし自体は行われるので6ヶ月ぐらい(カード会社によっても異なるが、ボーナス払いで不正利用されている場合もあるので)は、利用明細を確認して不正利用されていないか監視する必要がある。

 なお、不正利用が発覚した場合でも、明細書の送付後一定期間が過ぎていると引き落としがされてしまうケースがほとんど。

 

3、クレジットカードを利用している引き落としなどの変更を行う

 クレジットカード会社では、新しいカードを送ってくれる。

 が、この新しいクレジットカードは、カード番号などが違ってくるため、クレジットカードで引き落としをしている場合は、カードの変更を登録しなおす必要がある。

 

 インターネット上の個人情報流出だけでなく、実店舗でも、クレジットカードを店員に渡して決済する場合が多い。

 そこで、カード番号をコピーされたりしたら、困るよね。

 決済の時には目を離さない。

 明細は必ず確認する。

 ここら辺は、ちゃんとチェックしておいたほうがよさそうだ。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)