兄弟でかけたお金が違うと、遺産相続のときの揉め事の元になる

 

 兄弟でかけたお金が違うと、遺産相続のときの揉め事の元になる。

 『長男だからお金をかける』『男の子だから、お金をかけて』は法律上通用しないのである。

 相続人のうち特定の人に、特別お金をかけた場合特別受益に相当するのである。

[スポンサーリンク]

特別受益とはなに?

 特定の相続人が、被相続人から受けた生前贈与などの特別な利益のことを特別受益といい、特別受益を受けた者を特別受益者という。

 民法では、特別受益を受けた相続人の相続分を、特別受益分だけ減らすことによって
(特別受益の持戻)、他の相続人との公平を図ることが認められている。

 一方、被相続人は、口頭、または書面によって「持戻免除の意思表示」をすることができる。 

・持戻免除・・・特定の相続人が受けた特別受益が、相続とは無関係である、とすること。         
 つまり、『特別受益を受けていても、相続分が減らされない』ということ。 
 ただし遺留分を侵害することはできない。

特別受益の範囲

遺贈(遺言によって遺産の全部または一部を無償、あるいは、一定の条件をつけて他の者に譲与すること)

婚姻または養子縁組のための生前贈与
⇒持参金、結納金、支度金など(挙式・披露宴の費用は、通常は、特別受益に当たらない、とされている。)

生活の資本としての生前贈与
⇒住宅取得のための費用、事業の開業資金、借金返済の肩代わり、大学進学費用、留学費用など。

 せっかくなかのよかった兄弟を遺産なんぞのために仲たがいさせるのもばかばかしい。

 生きてるうちから、考えておこう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)