改正ストーカー規制法と改正DV防止法成立・が?

 

 改正ストーカー規制法と改正DV防止法(配偶者暴力防止・被害者保護法)が26日午後の衆院本会議で可決、成立。

?

[スポンサーリンク]

改正ストーカー規正法の主な改正点

・今までのストーカー規正法にはなかった、『繰り返し電子メールを送信する行為』を付きまといとして、取り締まり対象とする。

・つきまとい行為に対する禁止命令や警告について、被害者の居住地だけでなく、加害者の居住地や違法行為があった場所の警察、公安委員会も出せるようにする。

?

改正DV防止法の主な改正点

・夫婦間(元夫婦、事実婚を含む)だけでなく、同居の交際相手から暴力を受けた場合も保護の対象とする。

?

 とまあ、最近の世相を反映した法律改正となったわけだが・・・。

 実際のストーカー加害者に対する刑罰は軽い。

 元交際相手が「殺す」というメールを女性に送った脅迫罪で有罪となったケースでは、執行猶予が付いた。
 このケース、1年余り後に被害者の女性が殺されている。
 県警は頻繁に女性宅をパトロールしていたが、犯行を防げなかった。
   昨年11月の神奈川県逗子市の女性(33)殺害事件

 「ストーカー相手の自宅前で包丁を持った男を逮捕」⇒「実際に人を傷つけているわけでも、物を壊したわけでも無いから、傷害罪や器物破損などの適応にならず、銃刀法違反容疑で逮捕となり罰金刑が適応された」なんてケースも。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)