クレジットカードの審査に通りやすいのはどんな人?

 

 クレジットカードには、審査がある。

 このクレジットカードの審査どうしても通らない人もいるらしい。

 何が原因?

 

[スポンサーリンク]

クレジットカードの審査はどこが重要?

1、安定した収入

2、返済能力

3、明確な居住場所

 とまあ、この3つがクレジットカードの審査で重要視される部分。

 実際のクレジットカードの審査では、個人信用情報センターという中立機関に照会を行っている。

 個人信用情報センターには、銀行、クレジットカード会社、消費者金融から利用者の履歴が集まり、保管・更新されている。

 利用者情報の履歴は6カ月間センターに残っているのだそうだ。

 ちなみに、ローンの滞納などのデーターは5年くらい残っている。

 

クレジットカードの申請に有利な条件は?

・年齢や年収⇒高い方が有利。

・職業⇒会社員(正社員)・公務員などが有利、自由業などは不利。

・職場⇒大企業・公務員が有利。

・勤続年数⇒長いほうが有利。

・居住年数⇒長い方が有利

・住居形態⇒賃貸マンションや賃貸アパートより社宅や持ち家が有利。

・家族関係⇒一人暮らしよりは両親と同居している方が有利。

・電話⇒携帯電話より固定電話が有利。

・その他⇒6ヶ月間に複数のクレジットカードを作らないほうが有利。
         ローンの返済などの負債がないほうが有利。
         滞納などがあると明らかに不利。

 

一番クレジットカードを作りやすいのはどんな人?

 会社員(正社員)・公務員。

 年収が高くても、自由業の人は、クレジットカードが作りにくいらしい。

 親と同居している人

 クレジットカードを作ろうと思ったら、会社員であるうちに作っておいたほうがいいようだ。

 ついでに、親と同居していれば、万が一支払いが滞った場合、親に支払いを請求できるとクレジットカード会社は考えるものらしい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)