え?クレジットカードをたくさん作るとブラックリストに載っちゃう?

 

 日本の信用情報機関は大体3団体ある。

 信用情報機関には、ローンの状況や滞納状況などが登録されていて、新しくローンを借りるときやカードを作る場合、業者や銀行は、この、信用情報機関の情報を必ず確認する。

 ローンの滞納などがあると、そういった情報が大体5年間くらい保存される。

 いわゆるブラックリストというやつ。

 ブラックリストに乗ってしまうと、融資が受けられなくなったり、カードが作れなくなったりする。

 

 ブラックリストに載る原因は、・返済日より一定期間返済が遅れたり,3回以上滞った場合  ・民事再生,自己破産,任意整理などの手続をした場合
・返済不能に陥ったことにより,連帯保証人等からの弁済に切り替わった場合 など。

 

 実は、返済の遅れや破産など以外にも、ブラックリストにのってしまう可能性がある。

 其れは1ヶ月以内に3つ以上の新規貸付の申込をした場合。

 新規貸付というと、借金(ローン)の申し込みと思われがちだが、クレジットカードの作成や携帯電話などの分割払いなども『新規貸付』に含まれる。

 考えてみればクレジットカードには、 カードローンやキャッシング枠。

 例えば、クレジットカードを申し込むと、カード会社は、申し込みをした人の個人信用情報を閲覧する。

 この、個人情報を業者が閲覧した記録が、信用情報期間の記録に残ってしまう。

 これが1ヶ月に3つ以上重なると、『カードを次々と作って、借金などの返済に使いまわしているのではないか?』と思われてしまうらしい。

 

 借金の返済が送れたなどの、事故情報とはちょっと、違うが、注意しないと、カードやローンの申し込みを拒否されたりすることも。

 クレジットカードの作成を行うと、いろいろな特典がついたりするが、短い期間に、何枚もクレジットカードを作ると、思わぬことになったりする。

 

 携帯電話の分割払いも、あまり、借金という意識はしないが、金融機関にとっては、貸付ということになる。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)