宝くじの税金

 

 庶民の夢宝くじ。

 宝くじに当たったら、税金はどうなる?

 実は、宝くじには、住民税も所得税もかからない。

 

[スポンサーリンク]

なぜ、宝くじには税金がかからない?

宝くじの場合、宝くじ購入金額の一定割合は収益金として発売元の各自治体の収益となる。
 このため、宝くじが当たった場合も税金がかからないことになっている。

 所得税も住民税もかからないので、確定申告の必要もなし。

 

宝くじで税金がかかってしまうケース

・当選金を家族、友人、知人などに分配した場合⇒「贈与税(1人に対して年間110万円以下の贈与であれば贈与税はかからない)」の対象となる。

・宝くじをグループで購入していた場合⇒当選金を1人で受け取って、後にグループのメンバーに分配した場合も同様に贈与税の対象。

 

グループ買いで宝くじを購入した場合の注意

・銀行で受け取る際に、分配したい人全員で受け取りに行く。

・一人で受け取る場合、受取人の署名・捺印がある委任状を持参。

 

脱税を疑われないために

宝くじで高額当選したお金で、家を買ったとか、事業を始めたなんていう場合、税務署からそのお金の出所を疑われる場合も。
 「当選証明書」があれば、宝くじで当選したことを証明することができる。

 当選証明書は当選者からの申し出があれば銀行で発行してもらえる。

 

 いやさ、めったに当たるもんじゃないけどね。

 せっかく当たった宝くじなら、うっかり税金取られないように気をつけよう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)