12月から毎月販売、個人向け国債

 

 個人向け国債の発行間隔が12月から変わるらしい。

 現在、「変動金利型10年債」と「固定金利型5年債」の発行は、3ヶ月に1度。

 「固定金利型3年債」が毎月発行されている。

 変動金利型10年債と固定金利型5年債の発行回数を増やす理由は、個人向け国債の販売の低迷。

 

 個人向け国債の固定金利3年と固定金利5年の設定利回りは、一部銀行の同期間の定期預金より低いんだから、あえて、国債購入をするメリットがない。

 個人向け国債の場合、市場で売買されるわけでもないので、中途の売買で利益が変わるわけでもないし。

 売れないはずだ・・・。

 

 現在の経済情勢で、メリットがあるとしたら、変動金利の10年債。

 市場金利が上昇すれば、購入時の設定以上の利益になることも考えられるし。

 ただし、市場金利が上昇するとは限らないけど。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)