生活保護に新しい給付・「就労活動促進費」

 

 生活保護受給者に、「就労活動促進費」という給付が新設される。

 

 就労活動促進費は、生活保護の受給者が求職活動に積極的に取り組んだ場合、月5千円を支給するもの。

 生活保護を受け始めたばかりの人が主な支給対象で、早期自立を促す狙い。

 本年8月から制度の運用を開始する。

 

 

[スポンサーリンク]

生活保護新制度・就労活動促進費の対象者となる人

 就労活動促進費を受け取るには、月に6回以上、ハローワークに通うなど求職に向けて活動することが条件。
 支給は原則6カ月間だが、努力しても就職できない場合は最長1年まで延長可能とする。
 自治体は受給者と頻繁に面接を重ねながら求職活動を支援する。
                            (MSN産経ニュース)

 

 さてさて、生保受給者の自立を促すことになるのかな?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)