簡単な偽札の見分け方

 

 簡単な偽札の見分け方。

 この間TVでやってたので、ちょっと、簡単な偽札の見分け方を調べてみた。

 

[スポンサーリンク]

偽札の簡単な見分け方

1、紙幣を触って、でこぼこしていたら本物。
 紙幣の表面、左側には「壱万円」「五千円」「千円」の漢字が印刷されている。
 この部分を指で触って凹凸を感じれば本物、ツルツルなら偽札。

2、ブラックライト(紫外線)をあてる。
 ブラックライト(紫外線)を紙幣に当てると、本物のお札の場合⇒表裏にある朱色の丸印が輝く、コピー用紙⇒紙全体が青白く輝く。

3、潜像模様
 日本の硬貨や紙幣には潜像模様が印刷されている。
 潜像模様は紙幣や硬貨を傾けると浮き上がってくる模様のこと。
 おもて面では角度によって「2000」などの金額が、うら面は「NIPPON」の文字が浮かびあがる。

4、マイクロ文字
 ごく微小な文字を線部や図柄の一部などに入れ込む技術。
 ルーペを使って確認することができるが、肉眼で識別することも可能。
 マイクロ文字は解像度の低い複写機では複製できない。

 

 色々工夫されているようだ。

 ちなみに、ホログラフィ(光に当たると、一部分が光って見える)は、紙幣からはがすこともできるらしいので、確実な鑑別手段とはいえないらしい。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)