長期金利上昇ってどういうこと?

 

 国債の金利が上昇中?長期金利が上昇?

 ?どうもぴんとこない。

 新規発行の国債の金利が上昇しているってこと?

 それとも、既に発行されている国債の価格が(額面価格より)下がって、結果的に国債金利が上昇してるってこと?

 

[スポンサーリンク]

長期金利とは?

長期金利は通常、国が十年後に「利子」とともに借りたお金(元金)を返す償還までの期間が10年の国債の利回りを示す。

 といわれても、いつ発行された10年の国債なのかがぴんとこない。

 新発10年物国債の流通利回りが、長期金利の指標になる(一番最近発行された10年物国債)。

 これは、ぴんと来るな。

 

新聞などで話題になる長期金利上昇

 一番最近発行された10年物国債の価格が下がって、結果的に国債金利が上昇している状態。

 例えば、一番最近発行された10年もの国債の額面価格が100円とする。

 国債は市場で売買されるので、その売買価格が90円に下がったとする。

 90円でその国債を買ったとする。

 満期には、新規発行時の利回り以上の利益が出る。

 

 長期金利が上昇すると次に発行される国債の金利は高く設定しないと誰も買ってくれないってことで、次に発行される国債の金利も高く設定される。

 という解釈をしたんだけど・・・。

 どうかな?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)